FUKUOKA SHOP NEWS

暑くなったと思えばまた肌寒くなったり、
不安定な気候に、朝着るものを悩んでしまいますね。

今回は、そんな季節におすすめなコットンニットアイテム、
「JOHN SMEDLEY」のニットポロをご紹介いたします。

 

 

イギリスで生まれて200年の歴史があるこのブランド。
言わずと知れた大定番ですね。

西インド諸島で採れる良質なシーアイランドコットン(海島綿)を30ゲージという
細い糸にして編みたてたポロシャツは、シルクのような肌触りと綿特有の吸湿性を併せ持っています。
その素晴らしさはイギリス王室のシーツにも使われていた程。

今回はインディゴブルーとネイビーのニットポロが入荷しました。

 

OBJS705 < JOHN SMEDLEY> ISIS M’s S/S Polo Shirt ¥27,000 (+TAX)
OBCF535 < LEVI’S® XX> 1966 501 ¥28,500 (+TAX)
OBLF519 < ina.seifart > perlen long keyholder ¥7,200 (+TAX)
OBSS711 < QUILP > Oxford/M7401 LeatherxCanvas ¥97,000 (+TAX)

インディゴブルーに合わせたいのはやっぱりインディゴデニム。
ビッグシルエットがトレンドの中、これぐらいピタッとトラッドに合わせるのも
逆にまた新鮮に感じますね。

 

 

この独特なニットポロの雰囲気を出しているひとつがこの「へらしえり」。
編み目をへらしながら作るこの方法は、JOHN SMEDLEYならでは。

 

 

そして足元は、イギリスのトリッカーズで作られる「QUILP」の新作。
異素材ながら同色のコンビネーションがアクセントを付けてくれます。欲しい~。

 

SUAS721 < nanamica> Club Jacket ¥59,000 (+TAX)>>>
OBJS704 < JOHN SMEDLEY> FINCHLEY M’S L/S Polo Shirt ¥31,000 (+TAX)
SUCS722 < nanamica> Club pants 26,000 (+TAX)>>>
OBSS711 < QUILP > Oxford/M7401 LeatherxCanvas ¥97,000 (+TAX)

今度は、ロングスリーブをセットアップでスタイリングしてみました。
タイドアップとは違う大人っぽさが漂いますね。

 

 

 

最後に私のスメドレーコレクションから4点。

それぞれ違う年代ですが、一番古いものはロンドンのダファーオブセントジョージが別注したポロシャツ、
もう四半世紀以上着倒していますよ。笑
語り出すと止まりませんが、続きは店頭で。

お待ちしております。

溝口