“NANAMICA BASIC FOR A GOOD TIME” – 2019FW Collection arriving in August

 

nanamica storeにて今週末の8/3(土)より、nanamica 2019FWコレクションがスタートします。

コレクションの中でも、立ち上がりの8月は”NANAMICA BASIC FOR A GOOD TIME”がテーマ。

 

常にクローゼットにストックして置きたいベーシックなアイテムをMADE IN JAPANで作りたいと考えました。

今までも日本製のアイテムはありましたが、 極力自然なタッチをキープしつつ機能を形にしたアイテムです。

 

例えば、コーデュラオックスを使ったベーシックなボタンダウンシャツ。

そして、ポリエステル芯に綿糸をカバーリングしたブロード生地を使ったセミワイドスプレッドのシャツ。

イメージした50~70年代くらいのアメリカのシャツは、ドレスとワークが混在しているようなデザインで、フロントは5つボタン。

裾はゆったりラウンドした特徴的なシルエット。

生地は洗い込むことでさらに独特なラフ感が生まれる。

 

その雰囲気はそのまま、軽量かつ速乾機能のある生地にできないかと考え、この特殊な糸を使い、ようやく近い感覚のものが仕上がりました。

 

 

 

また、同じ考えでチノクロスとブロークンデニムを織ってボトムスを作りました。

 

ポリエステルに綿糸を巻き付けたカバーヤーンをたて糸・よこ糸共に使用したオリジナルチノ素材。

コットンのナチュラルなタッチと風合いながら、軽量かつ速乾性に優れた機能素材です。

細身のテーパードとワイドテーパードのシルエット。

 

ブロークンデニムを使用したジーンズは、腰回りと渡りにゆとりを持ったテイパードシルエット。

ワークパンツのような脇縫製がない特徴のあるデザインになっています。

縫製もインディゴ糸、フロントボタン、ウエストのラベルも紺色にしてソリッドな印象のジーンズに仕上げました。

 

 

 

さらに、コットンポリエステルのCOOLMAX®混紡糸を日本でも数少ない古い吊り編み機で編み上げた、丸胴の生地を使用したTシャツ。

そして表面がコットン、裏面がCOOLMAX®の天竺ボーダーTシャツなど、この時期にも着られるようなアイテムも揃っています。

 

ぜひ店頭にてご覧になってみてください。

 

 

■ “NANAMICA BASIC FOR A GOOD TIME” – 2019FW Collection arriving in August
DATE: 8/3(土) – 9/6(金) 11:00 – 20:00
VENUE: nanamica DAIKANYAMA, KOBE, FUKUOKA, WEB STORE