ミリタリーなジャケット

代官山のナナミカくん

 

第八回「ミリタリーなジャケット」

 

 

 

 

「4月上旬の陽気です!」とワイドショーが騒ぎ立てても、早朝出勤には無縁。

 

ある日は、イギリス軍のスモックを参考にした、大きな襟のジャケットで家を出た。

 

GORE-TEX FABRICSに止水テープのファスナーのアウトドアな組み合わせは、ミリタリー過ぎない“それっぽさ”がちょうどいい。

 

またある日は、ロング丈のステンカラーのコートをおろした。

 

軽くてシンプルで、こちらもGORE-TEXの生地が風を防いでくれる。

 

駅前で缶コーヒーを買ったら職場まではもう少し。

 

あまりに快適で、もう脱がなくてもいいような気がした。

 

 

 

 

 

GORE-TEX Cruiser Jacket

 

¥85,000(+tax) SUAS001 >>>

 

イギリス軍のWindproof Combat Smockをデザインソースに、フロント部分の6つのポケットや、大きなサイズのフード付き。

 

さらに止水ファスナーや、樹脂成形型のパワーフックなどを用いて機能面もアップデートした。

 

生地にはコットン3レイヤーGORE-TEX FABRICSを使用。

 
 

 

Wide Chino Pants

 

¥22,000(+tax) SUCF913 >>>

 

ポリエステルにコットンを巻き付けたカバーヤーンを、経糸と横糸それぞれに使用したオリジナルチノ素材のワイドパンツ。

 

40年代のU.S.ARMYが使用していたチノをベースに、細巾両玉縁ウォッチポケットやダブルチェーンステッチといった当時のディテールを忠実に再現。

 

股下にはマチを設けてあり、大きく足を広げてももたつかない。

 
 

 

 

 

GORE-TEX® Soutien Collar Coat 

 

¥65,000(+tax) SUBF800 >>>

 

カジュアルにもビジネスにも活用できる定番のステンカラーコート。

 

防水透湿性に富んだコットン3レイヤーGORE-TEX FABRICSを使っており、水や風を強固に防ぐ。
さらにポケット部分は玉縁ポケット仕上げを施し、蓋付き(フラップたたきつけ)にすることで、より防水性を高めている。

 

定番のベージュ、ブラック、ネイビーの他にペールグレイが新登場。